借金277万円からの資産300万円形成術

個人事業主、元妻子借金持ち男。借金は0になりました。過去を振り返り雑感を書いてます。

残高スライド元利定額リボルビング返済方式は悪魔の方式

当記事は過去(2年前)借金(270万円)があった時の自分のブログ記事にツッコミを入れるだけのものです。青字がツッコミになっています。↓元ネタ

www.kansaikansai.work

受験】英語の長文で時間が足りない人は、数をこなしても解決しない ...

難しい返済方式はテストに出ないので覚えなくて大丈夫です。

 返せばいいんです。返せば。

 

 

任意整理せずコツコツと返済を続けていて、

なかなか元金が減らないので返済方式について調べてみました。

 知らないと損することって世の中たくさんありますからね。

 

調べ出すとこれがなかなかややこしく、

漢字のちょっとした違いで惑わされてしまうので、

カードローンや消費者金融で最も採用されている

残高スライド元利定額リボルビング返済でお話ししたいと思います。

 悪魔の返済方式であることは確かです。

 

 

残高スライド元利定額リボルビング返済とは

ほとんどの銀行系カードローンや消費者金融は残高スライド元利定額リボルビング返済です。

 ややこしくさせて考えさせないように仕向けるのが作戦です。

だいたいルールを作る方が勝つ世の中ですからね。

 

実際、僕が今借りているクレジットカードのリボ以外はこの方式でした。

 全部確認しました。

 

お金を借りる時なんて長い規約なんか読まないし、

どんな方法で返済していくのかもハッキリ言って今まで知りませんでした。

当時はATMの横っちょにある個別の部屋に行きビビりながら契約していたので、

一刻も早く誰もいないうちに外に出たくて、そんな契約書を読む余裕なんてありませんでした。

契約のカードがその場で出てきた時の喜びは何とも言えません笑

 その場でカードを出すのも作戦ですね。

 

少し話は逸れましたが、残高スライド元利定額リボルビング返済とは?

 ん。

 

借り入れ残高スライドして息で定額リボで返済していくことです。

こんな感じ↓

f:id:acalath-1001:20190423104646p:plain

 

シンプルに言うと、

毎月の返済額は借入額によって決まり定額を返済していくことです。

 定額なのでその中に利息は含まれています。

 

ここでいう借り入れ額のスライドの日は各金融会社によって違うので確認しておくべきですね。

 だいたい似たり寄ったりですが、返済途中での確認は必須です。

 

借り入れ額が50万から40万になったのに月1万円の返済請求が来る場合もあります。

 多重債務ともなると数千円の違いでダメージが変わってくるので要確認です。

 

とはいえ、この返済方式はミニマムペイメント(最低返済義務額)での返済なので、

毎月の返済は楽になるものの、元金はなかなか減らず返済期間も長くなり、

総額で支払う利息はかなり大きくなります。

 これも作戦ですね。長期間借りてくれる方が金融会社は儲かりますからね。

 

ミニマムペイントはテストに出ません。

 ん。

 

まぁ言葉をややこしくさせて、

毎月の支払いが楽に見えてくる高度なテクニックですね。

 50万借りて毎月1万円返済ってかなり楽な感じがしますよね。

 

最少額から最大額へ

ãå°ãããã大ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

借金返済を早く終わらせて払う利息もできるだけ少なくするためには、

毎月の返済額をミニマム(最小)からマキシマム(最大)にする必要があります。

 1000円でも多く返済する意味はココにあります。

 

とは言っても毎月の支払いができなくなる恐怖があるので、

どうしても最低金額の支払いしかできない現実がありますよね。

 揺れ動く心情そのものです。

 

今調べた限りではミニマムペイントで返済を続けた場合、

各債権者は3年から約6年の間で借金完済ができるように設定されています。

 再度借入しない場合です。

 

それだけ間金融機関に利息をお支払いし続けないといけないということですね。

 メガバンクの収入源もカードローンの利息の占める割合が多いようです。

 

借金持ちとローン会社のせめぎ合いは絶妙

借金完済を目的とする方はまずお金の全てを把握することから始めます。

 生活費・収入・貯金・返済額、お金に関係するありとあらゆること全てです。

 

場合によっては6年以上の返済計画も必要になりますが、

借金を片時も目を反らさずに金額を目に焼き付けることが大切です。

 月に3回くらいは返済計画を見直していました。

何も変わらないんですけどね。

 

僕も借金のシュミレーションする限りでは順調に返済を続けても最低3年は掛かります。

 それもまあまあな金額を毎月返済して達成できるレベルでした。

 

しかも利息だけで約50万円以上の支払いも確定しています。

 利息は何度も計算しましたがどう足掻いても50万以上になりましたね。

 

いつまで借金返済のメンタルは続くか分かりませんが、

本当にしんどくなったら任意整理も視野に入れて、

もう一度任意整理相談所に相談しようと考えています。

多くの場合弁護士相談した方が楽になる可能性が高いですね。

 

ただ利息がカットされても返済は続いていくんですけどね。

 任意整理の場合ですね。

 

大まかな債務返済費用も聞くことができるので

一度計算しまくる前に、今後の人生を考えまくって相談してみても損はないです。

 相談は計算しまくった後の方が良いかもしれません。

 

元金が減らないということは借金の悩みが減らないということですね笑

 ちょっとづつしか減らないですからね。

最後に

残高スライド元利定額リボルビング返済のようにわざと言葉をややこしくさせて、

あたかもかっこよく借金返済をしているように見せかける手段です。

 できるだけ多くの利息を稼ぐという作戦でもあります。

 

利息や返済期間も単純な計算では把握できないところも多々ある為、

借金の計算だけでも結構な時間がかかりますよね。

 僕は数字が好きだったのであまり苦じゃありませんでしたが、

返済額や返済期間がはじき出された時の喪失感は地獄でした。

 

結果的に借金返済が長引き多くの利息を支払ってしまう可能性があります。

 自分がどこまで耐えられるかということに繋がってきます。

 

言葉に惑わされないようにしっかりと自分に軸を持って借金返済を続けていきたいと思います。

ゴールが少しでも見えると人は走れるものです。

 

 

お手すきの時にクリック応援よろしくお願いします↓

はてなブックマークも押して頂けると嬉しいです。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
にほんブログ村


債務・借金ランキング