借金277万円からの資産300万円形成術

個人事業主、元妻子借金持ち男。短期的に資産300万円を目指す道のり

ハワイはイイよなぁ

当記事は過去(2年前)借金があった時の自分のブログ記事にツッコミを入れるだけのものです。青字がツッコミになっています。↓元ネタ

www.kansaikansai.work

ほんとにいい所です。またイキたい。。。

 行きた過ぎて家でハワイアンミュージック流しています。

 

 

7年前結婚した時、新婚旅行でハワイに行きました。

 9年前のことですね。

 

当時も借金はありましたがそれでも行けました。笑

 今は行ってよかったと思っています。

 

当時の僕はお金のことは何も分からず、

結婚式に幾らかかって、幾らお祝いがあって、

幾らで2人で生活していくのかも知らなくて、

新婚旅行も幾らで行ったのか全く把握できていない状態でした。

 お金に無頓着という言葉がぴったりな人間でした。

 

ほんとに情けないと思っていて、

お金の全てを妻に任せていました。

 お金に興味がなかったと言えばそれまでですが、

なんとかなるどうにかなるどんぶり勘定成り行き人生まっしぐらでしたね。

 

借金のことはもちろん内緒にしていましたが、

当時僕の銀行口座にはなぜか思い出せないのですが30万ほどあって、

そこから自分の旅費を出していたと思われます。

 借金ありながらもちょこちょこ貯金をしていたお金かもしれません。

それも思い出せません。

 

もしかしたら、お祝いのお金だったのかもしれません。

 思い出せない。

 

全てがうる覚えでそれだけお金のことに関与してなかったことは想像がつきます。

 ノータッチノータッチでした。

タッチしていたのは自分の借金だけ。

 

全てが行けるだろう。大丈夫だろう。でやってきていて、

その分妻がかなりカバーしてきてくれていたと思います。

 そして、離婚しました。

 

もし、このブログが妻にバレたとしたら、

それはそういう時期ということでお話ししますが、

僕はハワイのサンゴ礁で足を怪我しました。

 今も傷があります。

 

ホテルのビーチで小さいウミガメを見つけ、

そのウミガメを追っかけていたら足の裏をサンゴ礁で切ってしまって、

やばいと思いつつ海から上がりました。

 経験したことない身体の一部が切られる感覚でしたね。

 

傷口を見ると得体の知れない脂肪みたいのが飛び出していて、

かなり深く切れているのが分かり、ホテルの部屋に戻りました。

 そんな傷を見てもこの時は絆創膏で治るやろ~くらいにおもっていました。

 

その道中も血はかなり出ていて、海からホテルまでの道のりは血の跡が付いて、

これを辿られると血の犯人が僕だと言う事がバレると感じていました。

 犯人捜しはされませんでしたが廊下に血は垂れまくってましたね。

 

その時の病院へ行く前の写真がこれ👇

f:id:acalath-1001:20190208150606j:plain

応急処置として絆創膏をしていますが、

中身は結構えぐいことになっています。

モロの写真も撮っていますが、

たぶん放送コードに引っ掛かるので止めておきます。

 傷の長さは3~4センチといったところでしょうか。

 

そして、その丁度ケガをした日がハワイ島からオアフ島に飛行機で移動する日でして、

傷口がぱっくり開いたまま飛行機に乗ることになります。

 移動する朝にケガしたのでバタバタでしたね。

 

着いたホテルで事情を説明し、日本の旅行会社の方に病院を紹介してもらいました。

 ハワイは旅行会社も周りの人も日本人が多数いるのでこんな時にものすごく助かります。

 

そこには日本の医師がいて、始めの問診は現地のアメリカの方で、

何言ってるかもわからず取り合えず傷を塞いでくれと片言の英語で伝えました。

 英語で言わなくても傷を見たら伝わりますよね。笑

 

するとそこにいた日本の医師が出てきて、

傷を縫うか、接着剤で塞ぐかを尋ねられました。

 傷を縫うのはホッチキスか針と糸で縫うことができると説明を受けました。

 

接着剤で済むならその方がいいと言う事を伝えると、

その日本人の医師が処置してくれました。

 一番痛くない選択をしましたね。笑

 

アメリカの接着剤やったら強力だろうと思って安心していると、

日本のお医者さんが『これで保険の元は十分取れたね』と話しかけてくれました。

 神戸出身とのことで色々話が盛り上がりましたね。

 

アメリカでの手術では保険に入っていないと高額な自費がかかるみたいで、

2度安心したのを覚えています。

気さくなお医者さんで助かりました。

 保険は入っておきましょう^^

 

話にはまだ続きがあり、妻が旅行のアクティビティとして、

f:id:acalath-1001:20190208151900j:plain

これをやってみたいと言い出しました。

 なにかやらないと旅行の感じが出ないんですかね。

 

僕は傷は濡らしたらダメと言われていてスーパーの袋を足に巻いている状態で、

僕はこのアクティビティを諦め、妻一人だけ申し込みをしました。

 なんでそこまでしてやりたかったのかわからないですけどね。

 

ケガをしてても船には乗れるので、一緒に海の沖まで出ました。

 それだけでも気持ちよかったですけどね。

 

すると、そこにも日本人の方がいて、

せっかく来たのにパラシュートしないの?みたいなことを言われ、

僕がケガをしていることを伝えると、

濡れないから大丈夫!と言われ僕は申し込みしてないのに

サービスでパラシュートをすることになりました。

現地の人はイケイケでした笑

ノリってやつですね。

 

高所恐怖症の僕はやらずに済んだ安心がなくなり、

一気に緊張してきましたが、この状況でやらずには帰れず、

結局、スーパーの袋を足に巻いたまま空に舞い上がりました。

 遠目で見てもこっけいだったと思います。

 

景色を見る余裕なんてなく、落ちて傷が濡れない事だけを祈っていました。

 あんまりおぼえてないんですよね笑

 

無事、アクティビティは終わり足を引きずりながら日本に帰ってきました。

※ケガをしてからは海には入れなかったので、買い物専門になりました。

 薬物みたいな抗生物質を数日間飲んだ記憶があります。

青と赤のデカめのカプセルでしたね。

 

最後に

ハワイはほんとにいい所で芸能人がハマる理由もすごくわかります。

何度でも行きたい場所の一つです。

早く借金返して家族で行きたいです。

その時はサンゴ礁でケガをしないように気を付けます。笑

 もう離婚したので家族でいくことはないですが、

またいきたいですね笑

 

 

お手すきの時にクリック応援よろしくお願いします↓

はてなブックマークも押して頂けると嬉しいです。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
にほんブログ村