妻子持ち男が借金200万円を返済する借金ブログ

カードローン4社クレジットカード1社借金総額240万の個人事業主 借金完済までの道のり

借金持ちが一度は計算しておきたい返済負担率

「負担」の画像検索結果

さぁ借金返済が負担なく返せているかどうか計算してみよう。

 

 

 

今日は、住宅ローンを組む場合でも使われる返済負担率から借金返済に切れ込みを入れていきたいと思います。

 

 

返済負担率とは?

年収に占める年間返済額の割合のことで、

 

計算式は、

年間返済額÷年収×100で求められます。

 

年収が変わったり、年間の借金返済額が変わると求められる数値も変わってくるので

その都度計算しておくことをお勧めします。

 

僕の場合だと、現在年収は約300万円で年間の返済額は67万円でした。

 

これを借金の公式に当てはめてみると、

670.000÷3.000.000×100で、22.333・・・%となります。

 

返済負担率は何パーセントに抑えるといいのか?

返済負担率が弾き出されてもいまいちピンっときませんよね。

 

むちゃくちゃシンプルにいうと3割(30%)が限界です。

 

住宅ローンを組む場合でも返済負担率が30%を超えだすと危うい。

 

カードローンやリボ払いなどの借金がある場合、

新たなローンを組む時には必ず返済負担率を見られます。

 

CICなど信用情報機関ではその返済負担率まで知ることができ、

新たな借り入れや増額など様々な借金の審査項目となっています。

 

先ほど僕は22%の返済負担率と記載しましたが、

22%でも借金返済はかなり厳しいものになります。

 

ほぼ年収の4分の1が借金返済に充てられるわけですからね。

 

仮に返済負担率が33%と超えると年収の3分の1が借金返済として消えていきます。

月収30万円の場合10万円借金返済に消えるということです。

 

返済負担率を下げてローンを通りやすくする作戦

シンプルに年収が上がれば返済負担率は下げることができますが、

今すぐってなかなか難しいですよね。

 

そこで、今すぐ返済負担率を下げる方法として、

毎月の返済額を下げてみることをお勧めします。

 

僕が行ったのは↓

 

www.kansaikansai.work

 と、

 

www.kansaikansai.work

 と、

 

www.kansaikansai.work

 

簡単に説明するとクレジットカードは少しだけ使ってリボ返済額を下げて、

返済額が一番クレジットカードリボ返済分をカードローンから借りて返済して、

楽天銀行スーパーローンは借金枠40万円のところを30万円までに抑えて、

いっぱいいっぱいまで毎月の借金返済額を下げています。

 

これを行ってから新たな審査や増額審査は受けていないので何とも言えませんが、

返済負担率だけでいうと下げることに成功しています。

 

一応来年あたりに借金をまとめることを目的に利息の低めの銀行に増額審査を受けようと考えています。

 

最後に

マジで200万以上の借金を返済していこうと思ったら、

年収を上げる以外に爆発的なパワーを発揮できる方法は見当たりません。

 

しかも、今年度は年収だだ下がり傾向で増額審査で提出する確定申告書も悲惨なものになる可能性大です。

 

来年始まる前からほぼ詰んでいる状態ですが、

来年は年男ということでねずみのごとくちょこちょこ走っていこうと思います。

 

借金の負担は数字以上に厳しく圧し掛かる。。。

 

借金返済ブログランキングに参加しています。

下記よりクリック応援して頂けると返済頑張れます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

はてなブックマークをクリック応援して頂けると、 更に6%上乗せして借金返済頑張れます。