妻子持ち男が借金200万円を返済する借金ブログ

カードローン4社クレジットカード1社借金総額240万の個人事業主 借金完済までの道のり

35歳の平均年収は500万円

「平均」の画像検索結果

平均値を見て焦ることはない。

 

 

 

ふと同年代の平均収入が気になったので調べてみました。

 

すると、35歳では驚愕の500万円。

 

仕事をしている地域にもよりますが、

35歳では400万円~500万円のところが多いですね。

 

月収でいうと33万円~42万円の差はありますが、

だいたいこのくらいでした。

 

 

サラリーマンはそこから色々天引きされる

サラリーマンの方でいえば年収500万円丸々貰える訳ではなく、

厚生年金や国民年金や社会保険料が引かれていきます。

 

だいたいちゃんと支払っていたら10万円くらいは勝手に引かれていることになります。

 

となると月収42万円でも手取りで言えば30万円前後となり、

手取り年収は360万円前後となります。

 

各種控除額にもよって開きはありますが、

年収500万円であっても何かと色々引かれて手元に残るのは毎月30万円前後です。

 

個人事業主の年収500万円は?

個人事業主の場合、月42万円売り上げがあれば達成できる金額です。

 

ただ、個人事業主は経費を使うことにより、

各種控除も上手く使えば節税を行うことができ、

手元に残せるお金をある程度コントロールできます。

 

しかし、厚生年金や社会保険がないため自分で払っていかないといけないので、

月収42万円あっても将来の不安は常にあると思います。

 

借金持ちの年収500万円

そのことを踏まえて年収500万円であっても毎月の借金返済が10万円もあるとか厳しい生活が余儀なくされることは想像つくと思います。

 

家を買った人は毎月10万円軽く払っていますよね。

 

聞く話によると同年代の35歳サラリーマンの方は生活費の半分くらいはボーナスでまかなっているそうです。

 

手取り30万円でローンを10万払っているとしたら、残りは20万円。

 

独身の20代の子の方がお金持っているのは当然の結果ですね。

 

でも20代で借金を抱えてしまう人がいるのも事実で(僕も笑)、

起業とか連帯保証人関係は別として、

生活費のための借金ということはほとんどなさそうです。

 

つまり・・・

年収が500万円であっても借金があると、

生活は独身貴族よりかなり厳しい結果が待っています。

 

借金が100万円を超えだすと年間で30万円くらいは借金でなくなるので、

年収500万円であっても手取り年収は330万円となります。

 

つまり、この借金地獄から抜け出そうと思ったら、

時を戻し、20代で借金をせず、コツコツ貯金をしておき、

30代前半で個人事業主になり、35歳で月42万円の売り上げを出しておくことです。

 

すると、35歳で平均年収500万円はキープでき、

個人事業主なので税金関係をコントールし手元に残せるお金を増やすことが可能になります。

 

時を戻せたらの話です。笑

 

いずれにせよ、年金問題は残ってしまうのでその辺りは、

自分でよく考えてやっていきたいところですね。

 

最後に

色々書いてみましたが、他人の平均年収や平均借金額に踊らされる必要はありません。

 

アイツよりも・・・とか言ってるとキリがないですしね。

 

ただ、金融リテラシーを高く保つことで裕福になるのは確かなようで、

どれだけお金に関して知っているかどうかは生活に直結してきます。

 

全部自己責任なんですけどね。。。

 

借金200万円が重く圧し掛かかるぜ。。。

 

 

借金返済ブログランキングに参加しています。

下記よりクリック応援して頂けると返済頑張れます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

はてなブックマークをクリック応援して頂けると、 更に6%上乗せして借金返済頑張れます。