借金277万円からの資産300万円形成術

個人事業主、元妻子持ち男。 新型コロナウイルスの影響を受け300万円近い借金は0になりました。今まで支払ってきた利息を取り返すべく、短期的に資産300万円を目指す道のり

年利別毎月の利息発表(だいたい)

「年利」の画像検索結果

なかなか借金が減らないのは完全に利息のせいです。

 

 

 

借金返済において今ある借金額を把握しておくことは必須になりますが、

できれば利息も正確に把握しておくことが求められます。

 

その理由として、借金を返していても借金が減らないのは完全に利息のせいだからです。笑

 

毎月の利息をだいたいでも把握しておくことでなかなか減らない借金ストレスを少しでも軽減できるのでここで書き残して置きたいと思います。

 

 

僕の借金事例

利息

プロミス 約18%(17.8%)

三井住友カードローン 約15%(14.5%)

三菱UFJバンクイック 約15%(14.6%)

楽天スーパーローン 約15%(14.5%)

セゾンクレジットリボ 約15%(14.52%)※2020年1月より15.0%

 

消費者金融プロミスの利息が圧倒的に高くその存在感を醸し出しています。

 

三菱UFJバンクイックと三井住友銀行カードローンは0.1%の利息の開きがありますが、これがどれくらいかというと、

50万円の枠で1万円づつ返済する場合年間で約5000円の差が生まれ、

月額では約400円の差が出てきます。

 

年間5000円でも利息を払いたくなければ三菱UFJバンクイックではなく、

三井住友銀行カードローンか楽天スーパーローンに借り換えておくと少しお得になります。

 

毎月の利息

プロミス 約38万円借金→約5000円

三井住友カードローン 約50万円借金→約6000円

三菱UFJバンクイック 約50万円借金→約6000円

楽天スーパーローン 約30万円借金→約3500円

セゾンクレジットリボ 約42万円借金→約5000円

 

毎月の利息合計 25500円

年間の利息合計 約30万円

 

簡単に計算しただけですが借金200万円前後だと年間で30万円は利息として掛かってきます。

 

ここまでくるとほぼ諦めムードぷんぷんですね笑

 

借金返済の鉄則

借金返済において利息の高いものから順番に片付けていくことが鉄則と言われています。

 

僕の場合は完全にプロミスです。

 

プロミスの特徴としては年利は他の銀行系カードローンよりか高いけど、

毎月の返済額も少し高めなので借金の減りは良い印象です。

 

毎月1000円でも多く返済した方が早く借金が減るのは完全に同意ですね。

 

毎月10000円返済のところを頑張って2000円多く支払っていると、

1年間で約10万円借金を減らすことができます。

 

毎月の返済がキツイ場合はムリをする必要はありませんが、

余裕のある場合は1000円でも多く返済しておくと、

1年後には圧倒的借金が減った感を味わうことができます。

 

コツコツ返済が嫌なら任意整理

コツコツ頑張って返済しながら年30万円以上の利息が無くなっていくのが嫌なら断然に任意整理をお勧めします。

 

1社任意整理を行う費用を5万円とみても僕の場合だと5社全部で25万円となり、

今後一切の利息が0になることを考えれば断然お得になります。

 

僕も相談した債務整理紹介事務所↓

www.kansaikansai.work

 クレジットカードのショッピング枠も任意整理の対象ですよ。

 

最後に

どんなことでもそうですが最初が一番パワーが必要になります。

 

借金返済は特に多くなれば多くなるほど返済しても借金は減らず、

借金残高を見ても愕然とすることばかりです。

 

5万円くらい減っているのがわかると返済のやる気も少しは出るんですがね笑

 

コツコツ返済なら1000円以上の追加返済はおすすめです。

1年後の景色が変わって見えますよ。

 

 

借金返済ブログランキングに参加しています。

下記よりクリック応援して頂けると返済頑張れます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

はてなブックマークをクリック応援して頂けると、 更に6%上乗せして借金返済頑張れます。