妻子持ち男が借金240万円を返済するブログ

カードローン4社クレジットカード1社借金総額240万の個人事業主 借金完済までの道のり

副業の最低限の帳簿の付け方

「帳簿」の画像検索結果

とりあえず無地のノート一冊買う。

 

 

 

副業を行うにも事業を行うにも税金や経費のことをどうしようか頭打ちしてしまうことがあるかもしれませんが、1年目は特に何も考えないでやりたいことやればいいというのが一番の答えかもしれません。

 

むっちゃ儲かるかもしれないし、むっちゃ借金抱えるかもしれないし、

未来のことは何もわからないですからね。

 

いずれにせよ、むっちゃ儲かったとしても、むっちゃ借金を抱えたとしても帳簿は付けておいて損なことはありません。

 

そこで、最低限の帳簿の付け方について解説したいと思います。

 

 

副業所得20万円以下は確定申告不要??

良く聞くのが所得が20万円以下だったら確定申告は不要だということです。

 

実際にはその通りなのですが、20万円以下でも確定申告に挑戦する意味は大有りかなと考えていて、日々の帳簿を付けるトレーニングにもなるのでおすすめです。

 

副業所得がずっと20万円以下というのをキープし続けることほど寂しいことはないですよ笑

 

副業であっても年間100万円くらい稼いでいきたいですよね。

 

そこで、年間20万円以上稼ぐという前提で副業を始めて、

計算はズタボロでも確定申告はやるつもりで始めた方が売り上げの伸びはいいと思います。

 

確定申告の前に最低限しておくこと

とりあえずありとあらゆる領収書を取っておくことをおすすめします。

 

領収書さえあれば後でまとめてノートに添付できるし計算もできます。

 

できれば、無地のノート1冊買っておいて月単位でペタペタ領収書を貼って、

どこで何にお金を使ったか分かるようにしておくのがベストですね。

 

項目としては、日付・概要(何を何処で)・支払い金額この3つで充分です。

 

支払いとは別にパソコンのエクセルなどに売り上げを付けていれば、

なんとかなります。笑

 

アフィリエイトなどで毎月売り上げがあるのなら管理画面から確認できるのであまり必要ありませんが。

 

ちなみにですが、医療控除や保険控除を受けたい場合にも病院の領収書や生命保険控除の用紙が必要になるので必ず取っておきましょう。

 

確定申告は多少ずさんでも全く問題ない

大きな金額で大きな売り上げがあれば別ですが、

年数十万円の売り上げや所得であれば多少ずさんであっても全く問題ありません。

 

経費を使いまくったからといっていきなりマルサが来る確率は0%ですし、

脱税で逮捕される確率も0%です。

 

実際に副業に使ったお金と儲かったお金をちゃんと計算して書類として提出すれば全然大きな問題にはなりませんからね。

 

確定申告が何なのかが分かり出すのは3年目くらい

僕も初めて確定申告をした時は合っているかも何も分からず提出していました。

 

唯一僕が管理しておく確定申告の書類をシャーペンで書いていたのでボールペンで書き直してくださいと注意を受けたくらいです。

 

ようやく確定申告の意味や税金の流れが何となく把握できたしたのは3年目くらいで、

その頃には確定申告の書き方も覚え始めるのでスピードがUPしてきます。

 

僕は来年で5回目の確定申告になる予定ですが今も分からないことは多々あります。

 

税理士を付けるほど売り上げもないためいつも自分でやっていますが、

そのせいか自分が賢くなったような感覚になれますよ笑

 

最後に

脱税や所得隠しや毎年何かしらニュースになるのが通例ですが、

節税できるところは節税して、ちゃんと税金を納めている人が一番得している印象です。

 

脱税はいけないことですが、まずは脱税したくなるくらいお金を稼ぐことが先決かなと思います。

 

領収書さえ取っておけば後はどうにでもなります。

 

 

借金返済ブログランキングに参加しています。

下記よりクリック応援して頂けると返済頑張れます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

はてなブックマークをクリック応援して頂けると、 更に6%上乗せして借金返済頑張れます。