妻子持ち男が借金240万円を返済するブログ

カードローン4社クレジットカード1社借金総額240万の個人事業主 借金完済までの道のり

30年間毎月1万円積み立てていくといくらになるのか?

「積立」の画像検索結果

30年の間に何が起こるか分からないですが。。。

 

 

先日、35歳になりまして老齢年金受け取りの65歳まで残りちょうど30年となりました。

 

そこで、老後資金2000万円問題がやいやい言われている中で、

借金200万円以上の僕がどれくらい資産を増やせるか分かりませんが、

希望を見出していくために少し調べてみました。

 

 

まずは貯金で積み立ててみる

まず毎月銀行に1万円積み立てていくとします。

 

銀行の金利は0%とし、純粋に1万円づつ貯まると仮定します。

 

30年ということは1年12カ月で30年×12カ月=360カ月の期間が与えられることになり、

銀行に1万円づつ積立ていくとシンプルに360万円貯めることができます。

 

単純に毎月2万円だと720万円、毎月3万円だと1080万円。

 

30年間毎月3万円でようやく1千万円を超える計算になります。

 

つみたてNISAで積み立ててみる

つみたてNISAでは1年で40万円の枠が与えられていて、

毎月33333円まで積み立てることができます。

 

しかも、つみたてNISAは投資で得た運用益は非課税になり、

税金を取られることがありません。

 

そこで毎月1万円をつみたてNISAで運用するといくらになるのかってことですが、

年利は3%で計算してみると、

f:id:acalath-1001:20191022100443p:plain

投資をする商品にもよって変わってくると思いますが、年利3%だと

約583万円となり、

銀行で毎月1万円積み立てるのと比べ、223万円の差が出てくることになります。

 

もちろん投資なので損失が出ることもあるので実際に行う時はよく考えてから行うことをおすすめします。

 

では、つみたてNISAで毎月2万円年利3%で積み立てていくとすると、

f:id:acalath-1001:20191022101339p:plain

これも当然と言えば当然ですが、軽く1千万円を超えてきます。

 

銀行との差を比べてみると毎月2万円だと約445万円の差が出てくることになります。

 

借金持ちが30年間毎月1万円積み立てられるのか?

答えは完全に否です笑

 

借金が200万円以上ともなれば毎月3万円くらいは勝手に利息としてなくなっていくので、老後にお金を残そうと考えているのなら利息の高い借金返済が第一選択となります。

年利で15%を超える投資商品があったら別の話ですけどね笑

 

もし、借金がなかったら・・・

65歳で老齢年金を受け取ると仮定して、

30年後どれくらい資産が必要かを計算します。

 

仮に95歳まで生きるとすれば30年分の生活資金が必要で、

毎月20万円の生活を65歳から95歳まで続けようと考えているのなら、

20万×12カ月×30年=7200万円必要になります。

f:id:acalath-1001:20191022104042p:plain

今後30年で毎月123555円積み立てていくと7200万円に到達はできます笑

 

仮に借金がなかったとしても毎月10万円以上の積立てはあまり現実的ではないかも知れませんが、とりあえず計算してみました。

 

7200万円あったとしても95歳以上生きてしまうと資産は0になるため、

そこからは生活保護と老齢年金で毎月十数万円の生活になるか、別の選択をしなければなりません。

 

65歳を超えて95歳まで毎月20万円も使うのは至難の技かなと思いますけどね笑

 

最後に

そろそろ本格的に借金問題を解決していかないとホントにヤバイことになりそうです。

 

住む場所・生活スタイル・貯金・資産どれをとっても借金があれば限られてきます。

 

少しづつでも資産をプラスに近づけて行きたいところですね。

 

 

 

借金返済ブログランキングに参加しています。

下記よりクリック応援して頂けると返済頑張れます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

はてなブックマークをクリック応援して頂けると、 更に6%上乗せして借金返済頑張れます。