妻子持ち男が借金240万円を返済するブログ

借金240万の個人事業主 借金完全返済まで続く

やばいアプリからママ活の実態を知る。

ãããæ´»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

令和の時代とはそういうことだ。

 

 

 

今僕が使ってるやばいアプリ

無料送金アプリ「pring(プリン)」

の使い方をネット検索していたらママ活のことが出てきたので、

どうやって使っているのか調べてみました。

 

 

そもそもママ活とは

ママ活とは30歳以上のママと呼ばれる女性と同じ時を過ごして、

そのデート費用やお礼を貰いながら活動するようです。

 

そこには男女関係(肉体関係)はなく(ある場合もある)、

食事を共にしたり、ママの好きなところに行って遊んだりするそうです。

 

ママ活をしているのは主に大学生で、

未成年ではなく20歳を超えた成人の男の子が活動しています。

 

きっかけはそれぞれ違って、

ママに起業をするアドバイスを受ける内にそういった関係になったり、

そもそも出会う為のアプリの中で親密になり、

リアルの活動に繋がっていくこともあります。

 

男の大学生とお金持ちの独身女性が出会うって何か特別なことがないとあり得ないと想像しますが、今はアプリやコミュニケーションツールを使えばどんな形であれ出会うことが可能なんですね。

 

中にはプロがいる

ママ活をする中にはそれだけで生計を立てるプロがいるそうです。

 

ママ活のプロは数人のママがいて、

1週間の予定がビッシリではないものの忙しく活動しています。

 

金額は双方の関係や種類にも変わってくるらしいのですが、

1時間5000円くらいが相場で、

食事代は掛からないし、払う費用も0なのでかなり良い活動と言えます。

 

飲んで食べて話して時給5000円は破格ですね。笑

 

強者になると月収40万くらいは普通にいくそうで、

必死のパッチで働いている大人を優位に超えてきます。

 

ママ活に使われるアプリ

僕が使っているのは

無料送金アプリ「pring(プリン)」

というアプリで個人間でお金のやり取りができるアプリです。

 

お金のやり取りは全て無料でちょっとしたメール機能もついていて、

お金のやり取りと同時にコミュニケーションが取れる便利なものです。

 

僕は妻としか使っていませんが、

このアプリをママ活に使っているということが最近知った事実です。

 

実際にはこのアプリと自分の銀行を紐づけしておいて、

いつでも銀行からアプリに入金ができ、

いつでもアプリから銀行に振込ができ、

全て無料でお金の受け渡しを完了させることができます。

 

楽でいいですよね。

 

よくドラマとかで見る封筒に入れて手渡しするより、

その場でスマホのボタン一つでお金を渡すことができるのでスマートです。

 

ママからしてみればひと言そのアプリに伝言を残しておけば、

いつ何日にどこに行ってどれくらいのお礼を渡したか把握できるので、

正にママ活専用送金アプリと言っても過言ではありません。

 

自論

もちろん法律の範囲内ではありますが、

需要と供給がなりたっているのならいいと思います。

 

奨学金の返済などで困っている大学生はたくさんいるし、

時間と魅力がたくさん余っている大学生もたくさんいます。

 

ただママ活だけで生きていくのは限界があって、

年数が経てば年を取るし仕事をしなければなくなるし、

結婚だってするかもしれません。

 

そこでママを満たす時間やモチベーションがあれば別ですが、

無ければ得た経験を糧に上手くやっていく必要がありますね。

 

最後に

ママ活で求められるのは非日常だということを知りました。

 

なかなか理解しづらい部分もありますが、

ある意味自分や相手に投資している部分もあるかもしれませんね。

 

令和元年ママ活の実態を知るの巻でした笑

 

 

ブログランキングに参加しています。

下記より応援して頂けると返済頑張れます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

下記のブックマークを押して頂けると、

バズって借金返済できる可能性が3%上がります。