妻子持ち男が借金200万円を返済する借金ブログ

カードローン4社クレジットカード1社借金総額240万の個人事業主 借金完済までの道のり

お金の借り方

ãåãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

お金がない時に。

 

 

 

どうしてもお金が必要で、親や友人には借りれない。。。

そんな時キャッシングはとても強い味方になってくれます。

僕の経験を踏まえてお金の借り方を解説していきます。

 

第一選択肢は無利子で

銀行や消費者金融でお金を借りるとどうしても利息がかかってきてしまいます。

利息は借りる金額によって変わりますが、

銀行で約14.5%、消費者金融で約18.0%とかなり高く設定されています。

 

利息は借りている額(元本)に毎日掛かり、

消費者金融で10万円を借りた場合、1年間で18.0%の利息がかかるので、

1カ月では約1500円の利息がかかってくることになります。

ちなみに銀行では14.5%で計算すると1カ月約1200円の利息となります。

 

どちらにせよ利息は掛かり続けるので、無いか低い方がイイに決まってますよね。

 

そこでお金を借りる第一選択肢として、

頼れるならからお金を借りることが最善だと思います。

 

僕の場合、消費者金融→銀行カードローン→親

 

とお金を借りる全ての順番が逆になってしまって現在の多重債務という結果になってしまっています。

 

今もしお金が必要でお金を借りようとしている場合、

今から6年先から10年先のことを見越して選択するといいでしょう。

利息は何年も金魚のふんみたいに着いてきますので。

 

親がだめなら銀行

銀行の前にお金を使う用途によっても利息は大きく変わります。

 

事業資金としてお金を貸してくれる機関で有名な日本政策金融公庫は、

1%~2%と金利はかなり低く設定されています。

 

また住宅ローンは1%以下、車のローンは5%以下と変動はあるものの、

キャッシングやカードローンに比べれば破格の低さになります。

 

銀行からお金を借りるにしても金利は低いに越したことはありません。

 

こちらの比較サイト「くらべる君」で見ても、

メガバンクよりネット銀行や地域の信用金庫の方が利息は低く設定されていますので、

まずは金利の低い所から申し込んでみることをお勧めします。

 

お金を借りるには一定の条件があり、

まず、収入がないとお金は借りれません。

 

お金を借りる時には相手の立場に立って考えてみるとよく解ると思います。

 

もし、自分がお金を貸す側で貸す相手が仕事も収入がない場合、

お金を貸せますかってことです。 

 

お金を借りる時、既婚や扶養や賃貸など生活面を記入する欄がありますが、

それはちゃんと返済能力があるかどうかを判断しています。

 

年収以外でも審査される要素はたくさんあって、

自分が自分にお金を貸せるか?という基準で考えるとおのずと道は開けてきます。

 

急ぎのお金が必要で今すぐお金が必要な気持ちは痛いほど分かりますが、

1度借りれば僕の場合ですが、10年くらいはお付き合いすることになるので、

長期的に計画を立てながら借りることをお勧めします。

 

最後の砦消費者金融

僕が一番初めに借りたのは11年くらい前の消費者金融プロミスです。

 

当時は勤務先を派遣会社にして申し込みをしてたぶん50万の枠が出ていたと思います。

 

今はどうか分かりませんが、即日で借りることができる便利な会社ですね。

 

その代わり利息は18.0%と最も高く、借り過ぎるとかなり苦労します。

 

最後に

キャッシングカードローンは薬で言う所の痛み止めのようなものです。

 

一時的に痛みは治まりますが、

薬の効能が切れてくると更に痛み止めが必要になったり、

今までの痛み止めでは効かなくなったりしてしまいます。

 

普段から痛み止めの薬を使わなくていいように健康に気を使い、

痛みが出ても最小限で収まるように、

お金の知識と計画性は兼ね備えておいて損はないと思います。

 

参加型比較サイト「くらべる君」

 

 

ブログランキングに参加しています。

下記より応援して頂けると返済頑張れます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

下記のBックマークを押して頂けると、

バズって借金返済できる可能性が3%上がります。